セブで思ったこと。

ちょっと前になりますが、カメラ仲間のIさんに誘われフィリピンのセブに行ってまいりました。聞けば、セブ空港のあるマクタン島にドローンや写真を楽しんでらっしゃる日本人のお知り合いがおられ、エア(LCC)と宿がセットになった3泊4日(実質は3泊2.5日)のツアーが3万5,000円であるとのこと。もちろん断る理由などなく、一つ返事で行くことになりました。

 

今回の海外は日程も日程でしたし、全て前述の日本人の方に案内してもらうため初めての土地ながらほとんど予習のようなことはしていません。頭のなかにあるのは青い空と青い海、そしてそこでドローンを飛ばす我々、というような貧素なイメージしかこの旅行には持ち合わせていませんでした。

 

成田から約5時間、セブ国際空港に到着し、我々を待っていたのは宿まで送り届けるツアーのガイドさんでした。用意されたワンボックスに乗り早速宿に向かうことになりました。

 

ところが空港を出ると周りの様子が一変。バラック小屋が立ち並ぶ雑然とした通りに出たのです。小屋はお世辞にも綺麗とは言い難く、その周りには多くのゴミが落ちており、さらに空き地のようなところはゴミ捨場のような有様。とりあえず舗装されている道路にはトライシクル(タクシー代わりとなるサイドカーのようなもの)や、ジプニー(主に小型トラックを改造した乗り合いバス)などが溢れ活気はありますが、所在無げに椅子に座ったり、立っているひとも多く、さらにやせ細った野良犬があちこちに。正直観光地の雰囲気ではありません。

 

ツアーのガイドさん曰く、貧困街でフィリピンでは珍しくないとのこと。また、貧困街で生まれたら抜け出すことは厳しいとのことでした。ちなみに、フィリピンは高校まで義務教育らしいですが、貧困街の子どもたちは小学校低学年で登校しなくなることが多く、そのため大人になっても公用語である英語が喋れないそうです。フィリピンの貧困率などについては多少知っていたつもりでおりましたが、世界的なリゾート地であるセブでもこんなに身近にあるものなのかとのっけからカルチャーショックを受けました。

 

さらに驚かされたのが貧富の差が驚くほど激しいこと。貧困街のなかに鉄製の大きな扉を備えたところがいくつかあり、その多くは銃を下げたガードマンが立っていました。中はいわゆる高級マンションで、私たちもそのようなひとつにIさんの知人の方のおかげで入ることができました。広大な敷地の中はゴミ一つ落ちておらず、しかもそのつくりは日本の高級マンション以上。プールを備えているところも珍しくなく、扉の外と内の違いを強く知らしめるものでした。

 

フィリピンのドゥテルテ大統領が麻薬撲滅に関し超法規的な行動を取り、欧米の人権団体などから強い非難を浴びています。しかしながら、治安が目に見えてよくなったとこの地では大統領を支持する人がほとんどだそうです。麻薬撲滅の是非についてはここで問うつもりはありませんが、貧困に対しても何らかの手だてを積極的に講じてほしいところです。

 

 *写真はクルマのなかから撮影したものです。 

f:id:ho_man_bow:20180704150520j:plain

f:id:ho_man_bow:20180704150526j:plain

f:id:ho_man_bow:20180704150532j:plain

f:id:ho_man_bow:20180704150537j:plain

f:id:ho_man_bow:20180704150543j:plain

東京国際消防防災展2018でチラ見したドローン

 

東京ビッグサイトで開催されている「東京国際消防防災展2018」に行ってきました。消防車が見たいという倅のためでしたが、ドローンの展示されているブースがいくつかありましたので簡単に紹介いたします。

なお、家族サービスの一環で会場を訪れておりますので、具体的な機種名やスペックなど取材らしいことはしておりません。そのことをご理解のうえ見ていただければと思います。

言うまでもなく展示されていたドローンは消防および防災のためのものです。ほとんどが有線給電を行うもので、そのケーブルの長さは90mから100m。見慣れたクアッドコプターの インスパイアもありましたが、大半はヘキサコプターかオクトコプターの大型ドローンでした。

これはクアッドコプターの場合一つでもモーターの能力が低下すると墜落してしまう可能性が高いからだと思われます。また、消防防災用ドローンらしく防水性を謳っているいるものもいくつか見受られました。

用途としては、カメラを使った現場の状況確認などメインのようでしたが、拡声器を搭載し避難を促す放送を行ったり、熱画像を伝送できるものもありました。また、移動型火の見櫓と銘打って展示しているブースもありました。

写真カメラの世界に身を置く者としては、ドローン=空撮という図式しか思い浮かばないことが多く、さらに今回紹介した消防防災用ドローンというとニュースなどでしかお目にかかったことはありませんでした。しかし、実機を身近に見て、あらためてドローンの可能性を思い知らされるものでした。

 

f:id:ho_man_bow:20180603234443j:plain 日本海洋株式会社のブランド「elistar」の有線給電ドローン。

 

f:id:ho_man_bow:20180603234515j:plain消防車で有名な「モリタ」が提案する消防用 有線・無線切り替え式ドローン。本体とアームはやっぱり赤!

 

f:id:ho_man_bow:20180603234846j:plainNEC」のブースで見たミニドローンとFPV。ソリューションの説明用に使われていた。

 

f:id:ho_man_bow:20180603235154j:plain「船山」に展示されたドローンは、自律飛行機能を搭載する。

 

f:id:ho_man_bow:20180603234922j:plain  「YONE」の全天候型レスキュードローン「SR2000」。防水対応で、ペイロードは最大5kg。

 

 

 

ドローンにケンコー・トキナー製のNDフィルターを付けてみました。

滑らかな動きの動画とするためにはNDフィルターは必須アイテムです。ドローンで撮影する動画も例外ではありません。この度ケンコー・トキナーから発売されたばかりの「アドバンスド ドローンフィルターIRNDキット」を借りる機会が得られましたので、紹介したいと思います。

 

f:id:ho_man_bow:20180514102659j:plain

 

このNDフィルターの特徴といえば、赤外線も減光する効果があることです。時として赤外線(特に近赤外線)は色かぶりの要因となることが多いのですが、このNDフィルター可視光線とともにそれをカットし、より被写体に忠実で鮮明な色再現を実現するといいます。実際、撮影した映像を見るととてもクリア。ピクチャースタイル(DJI製ドローンに搭載される仕上がり設定のことです)は[風景]を選ぶことが多いのですが、より一層色乗りがよいように感じられます。

 

f:id:ho_man_bow:20180514102729j:plain

 

光学フィルターと言うと物によっては解像感の低下を引き起こしたり、フレアやゴーストが発生しやすくなりますが、それもよく抑えられているように思えます。やはり長年撮影用光学フィルターを作り続けてきている国内メーカーならではと言ってよいものです。こちらについても掲載した動画(ND8を使用しています)を見ていただければよく分かるかと思います。

 

www.youtube.com

*画面右下にある歯車マークから「画質 1080P」を選択すると高画質で見られます。

 

發水コーティングが施されているのも、海外メーカーのものと異なるところです。このコーティングは水滴を付きにくくするばかりではなく、指紋や皮脂などの付着も防ぎます。フィルターを交換したときなど、レンズ面を触ってしまうことが多いのですが、そんな時も安心です。今回、5日間ほど使いましたが、一度もレンズ面に汚れが付くことがありませんでした。

 

うれしいのがケースが付属すること。4枚セットすべてのNDフィルターが収納可能で、メモリーカードを入れるポケットも付いています。しかも簡易型の防水タイプとしており置く場所を選びません。フィルターも取り出しやすくとても便利に思えました。

 

f:id:ho_man_bow:20180514102721j:plain

 

このキットはPhantom 4 Proシリーズ、Phantom 4 Advanceに対応。ND4、ND8、ND16、ND32がセットになっています。ようやく国内メーカーからも本格的なドローンのアクセサリーが登場し、自称ドローングラファーとしてはたいへんうれしく思っております。今後はMavic ProやMavic Air用のIRNDフィルターの登場も期待したいところです。

 

f:id:ho_man_bow:20180514102737j:plain

 

GFX 50SにFDレンズを付けて遊んでみました。

富士フイルムの中判ミラーレス「GFX 50S」用マウントアダプターのレビュー記事が昨日(2018年2月26日)玄光社CAMERA fanにアップされました。宮本製作所(RAQUAL)製で、ハッセルブラッドVレンズ対応を紹介しています。このマウントアダプターを借りるにあたり、キヤノンFDレンズ対応も個人的に借りましたので、ここにスピンオフという形で紹介します。

 

f:id:ho_man_bow:20180227215400j:plain

 

 FDレンズは言うまでもなく35mm用のレンズです。そのため44×33mmのイメージセンサーを搭載するGFX 50Sで使うとイメージサークルが小さいため画面の周辺部が黒くケラれてしまいます。もちろん多くの場合、ケラれた部分をカットするトリミングを行うかと思いますが、写真の点数が多いとこの作業は面倒です。

 

それでもGFX 50Sで35mm用のレンズを楽しんでみたいと思う人がいるわけで(筆者もそうですが)、RAQUALでは今回のFDレンズ対応のほか、ライカRレンズ対応、コンタックス/ヤシカマウントレンズ対応、ニコンFマウント対応、オリンパスOMマウント対応、ペンタックスKマウント対応の各マウントアダプターをラインナップしています。

 

実はFacebook のGFX 50Sユーザーが集うグループにアップされる写真を見ると、意外にも35mm一眼レフ用のレンズで撮影を楽しんでいるユーザーが多く、これらのマウントアダプターは一定の人気、需要があることが理解できます。

 

掲載した作例は、New FD24mmF2とNew FD50mmF1.4でトライアルしたものです(トリミングはしていません)。写りについてはここでは言及しませんが、ご覧のとおり画面周辺部には当然ですがケラれが見受けられます。撮影した感じではハッセルブラッドのレンズと異なり、鏡筒が小さく軽量なためGFX 50Sとのバランスはよく、その点では実用的であるように思えました。

 

f:id:ho_man_bow:20180227215833j:plain

GFX 50S+New FD24mmF2

 

f:id:ho_man_bow:20180227215840j:plain

GFX 50S+New FD50mmF1.4

 

先般、Xシリーズのフラグシップ「X-H1」の記者発表会が開催され、そのときGFX 50Sのファームアップも発表されました。内容的にはいくつか新しい機能が搭載される予定で、そのひとつとして35mmフォーマットのクロッピング機能もありました。これはマウントアダプターを介して35mm用のレンズで撮影を楽しむユーザーの要望に応えたものと言えます。ファームアップの公開は3月中を予定しているとのことですが、ますます楽しみになってきました。

 

f:id:ho_man_bow:20180227215416j:plain

 記者発表会の様子